中国、パンダを巡る旅♪~日本語ガイドさんに聞いたパンダ豆知識&成都の治安&子パンダ動画編~

スポンサーリンク

パンダ豆知識

中国旅を案内してくれた日本語ガイドさん。

パンダ専門ガイドさんなので、とってもパンダに詳しいです。

丁寧にパンダ基地を案内してくださいました。

いろいろお話を聞いたので、ブログに載せていきたいと思います。

また、成都の治安情報も載せます。

この記事の最後に、この旅で撮ったシャンシャンの同級生パンダ達の動画を載せます。時間ができたら、他の動画もYouTubeにアップすると思いますのでよかったらご覧ください♪

ジャイアントパンダは85パーセントが中国の四川省にいるとのこと。

残りは山西省の西安にいるそうです。

数としては全体で1800頭、1300頭が野生(1100頭が四川省、200頭が山西省)、人工繁殖(パンダ基地)が500頭。

パンダの肋骨は左右の本数が違います。

全部で27本、左右に13本と14本だそうです。パンダの個体によって、左右の本数に違いがあるようです。右に14本のパンダもいれば、右に13本のパンダもいるとのこと。

日本語ガイドさんは上野動物園の副園長さんをガイドしたこともあるそうです。副園長さんは上野のパンダ舎新設の構想のために見学に来たそう。

シャンシャンとシンシンは現在、別々に暮らしていますが、シンシンに発情の兆候は見られません。その原因は、パンダ舎の作りにあります。今のパンダ舎だと、狭くどうしてもシャンシャンの気配(匂い、鳴き声)をシンシンが感じ取ってしまうため、発情が難しくなってしまうようです。

シャンシャンが忘れてしまっていても、シンシンはやっぱりお腹を痛めた我が子のことを未だに覚えているのかな。

子供パンダの天敵はユキヒョウです。

野生訓練では、ユキヒョウの標本を置いて、匂いと声を聞かせて、子パンダにユキヒョウが危険な動物だということを認識させています。

成都の治安

成都は都会です。ビルも建っていて、街もきれいです。

治安は悪いとは思わなかったです。夜も外出できます。繁華街も明るい!タクシーもメーターがあって、日本より安いので、電車に乗るよりおススメです。ただ、英語は通じません。行き先をスマホなどで見せて伝えれば向かってくれます。

成都を歩いていた時に、何かを渡そうとしてくる怪しい人はいました。これ、絶対受け取らないように!麻薬だった場合、受け取って出国する際に捕まったら、日本には帰ってこれなくなります。。

成都大熊猫繁育研究基地、子パンダ動画

YouTube
シャンシャンの同級生パンダ達♪仲良く遊ぶ♪

中国パンダを巡る旅の記事もこれが最後となりました。

また、パンダ情報や思い出したことがあったら、ブログに載せていきたいと思います。

お付き合いいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました